BuildApp内装BuildApp

BuildApp内装とは

施工BIMデータを情報基盤として、
内装材の積算・見積・プレカットデータ出力・発注・施工管理を行い、
施工現場での生産性向上・廃材量削減を実現するウェブブラウザ上で起動するアプリケーションです。

使われるシーン

課 題

  • 基本計画
  • 基本設計
  • 実施設計
  • 生産設計
  • 施工
  • 引渡し
内装見積フェーズ
見積調書作成に1週間以上
業者選定に40日以上
積算基準と実数量の乖離
見積調書の拾いが不明確
数量確認のために再積算
膨大な図面を紙で印刷
実数量把握が困難
内装生産施工フェーズ
内装施工における納まり確認
下地の事前検討
職人不足が深刻
発注数量の算出
廃棄材料の残置、回収
CO2削減への取り組み

BuildAppの活用によりBIM情報を見積もりから施工まで連携

  • 内装自動見積で課題を解決
  • BIM発注、プレカット施工で効率化

導入メリット

設計・積算・見積り

BIMモデル詳細化
施工図レベルのBIMデータ(LOD350)」から、「製造・組み立てレベルのBIMデータ(LOD400)」に自動的に生成します。
建材選定
BIMデータから内装建材情報を読み込み、商品情報をマッピングして一覧化。該当部位に適した商品が自動入力され、建材選定の手間が削減されます。
見積調書自動作成
BIMデータから工種別、区画別に集計された見積調書を自動作成
見積管理
自動作成された見積調書をクラウド上で管理可能(見積調書配布、回答状況確認)。BIM情報と連動した見積調書を共有することでゼネコン・工事店の作業手間が大幅に削減されます。

生産・流通

出来高管理
BIMデータを基にした施工部位毎の資材情報をスマートフォンアプリで簡単に管理できます。資材毎の施工ステータス(発注前、納品済、施工完了)がゼネコン・工事店の関係者にリアルタイムで共有され、進捗確認・出来高請求の手間を大幅に削減します。
プレカット資材管理
建材パーツレベルまで詳細化したBIMデータを基に、加工寸法・数量といったプレカット情報を出力します。これにより、プレカットを積極的に活用でき、施工時間短縮・廃材削減・CO2削減が実現できます。
建材EC連動
BIMデータを基にした正確な発注数量を出力します。発注数量は建材ECサイトとに連携され、そのまま建材手配まで行うことが可能になります。
CO2 管理
BuildAppを活用して資材発注・プレカット施工を行った場合と従来工法の場合でのCO2排出量の比較結果を可視化します。
CO2量の削減結果の確認や、施主をはじめとした各ステークホルダーへの説明・PRにも活用可能です。