BuildApp建具BuildApp

BuildApp建具とは

BIMデータを情報基盤として
自動積算・建具自動作図・クラウド3D承認・自動バラ図へ情報連携を行い、
建具生産プロセスでの生産性向上を実現するウェブブラウザ上で起動するアプリケーションです。

使われるシーン

設計事務所、ゼネコン、サブコン、製作工場が必要に応じて図面を作成し、次工程へ情報を伝達するための照合・承認作業を行うことで生じる煩雑な作業、人的ミス、手戻りを設計自動化ソリューションにより削減します。

使われるシーン

導入メリット

導入メリット
自動積算機能とは
野原オリジナルSDオブジェクトを利用し建築BIMデータ作成することで、ドアオブジェクトの属性情報と建築標準分類コードが紐づけられ概算見積りを作成することができます。
建具自動作図機能
ドアオブジェクトの属性情報と建築BIMの建具周辺情報(壁・床・天井)から作図に必要な項目を設定する事で、施工図組合せを最適化し自動で作図する機能で、従来の作図工数が大幅に削減されます。
クラウド3D承認機能
従来、PDFで確認していたドアごとの仕様や納まりのチェック、指摘事項を全てBuildApp建具のプラットフォーム上で行うことで、印刷やメールのやりとりをする必要がなくなります。
今までのような細かい寸法のチェックが必要なくなることで、トータルで大幅な作業工数の削減をもたらします。
製作加工図自動作成機能
承認されたドアの仕様から、製造に必要な情報をCSVとして書き出し、専用CADシステムに取込むことにより製作加工図を自動で作成することができます。これによって、職人不足が課題となっている製造工場での製作加工図作成時間が大幅に削減され、より多くの案件を請け負うことが可能になります。